上二人の息子は独立し今は娘と嫁の3人家族のぴよろ~な感じの生活を中心にソーシャルビジネスを立ち上げていく日々の活動日記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:スポンサー広告
  4. |

              随分とご無沙汰してしまいました


              その間 私の周りでは色々な出来事がありました


              それは 母の死です


              


              昨年 11月 体調不良を訴えて病院で検査


              それは、あまりにも 私には聞きたくない言葉でした


              悪性の大腸がん しかもすでにほかの臓器にまで


              転移していると・・・


              それは、もうステージ4(つまり末期がん)


 


              母には大きなポリープができているから切除するために、


              手術するからとだまして、うけさせました


              その後 すぐに先生に呼び出されもっと聞きたくない話が・・


              腹膜にもう癌がいっぱい広がっていて思った以上に


              進行が早い


              お正月 家に帰らせてやれるかどうか・・ って


              とても気丈な性格の母 頑張りやの母


              きっと病名を告げたら どんなに悲しむか・・・


              だからこそ 絶対告知をせず、最後までだましとおそうと


              そして残りわずかの時間 私は母のために一緒に


              過ごそうと


              夫も私がずっと介護することにも協力的で


              私は母の介護がどっぷり出来ました


                            


               抗癌剤の治療が始まり、最初はとてもよく効き


              がん細胞もかなり小さくなって 退院することに


              それからは 静かな毎日を家で過ごすことに・・・


              そんな日々も長く続かず


              がん細胞は、またしてもどんどん母の体の中を蝕んで


              ついに2回目の入院


              もう、肝臓や骨も転移して


              1日1日どんどんと動けなくなっていく母


              ご飯も食べれなくなってしまう母


              そして意識がなくなってしまっていく母


              でも意識がなくても耳は聞こえているから話かけてやって


              って言われ、母を見ると母の目には涙


              最後まで退院して元気になるよっていってた母


              きっともう自分の命は終わるんだろうなって思って


              浮かべていた涙


              


              最後はほんとに静かでした


              笑ったように見えた死顔でした


              死化粧も私たちの希望でお手伝いさせてもらいました


              とってもきれいでした


             


              享年 74歳 


              とっても若いときから苦労して、やっと楽できると思った


              矢先のこと


              自分のことはいつも後回し


              あんたらが楽しかったらええんよっていつも言ってた


 


              明るくていつも私たち家族にとって


              ひまわりのような人でした


              まだ、母の死を正直 受け入れることが出来てません


              まだおはようって遊びにきてくれそうな気がして・・・


              でも私たちがいつまでも悲しんでもだめなんですよね


              きっと母もそれを望んでいるはず


 


              母の死で今まで以上に夫や子供に感謝です


              悲しんでいる私をずっとそばにいてくれるみんな


              ありがとう


              そして母にいっぱいのありがとうを・・・ 


 


              とても重たい内容になってしまいましたが、


              どうぞお許しください


              また時々になるでしょうが、更新もしていきたいと


              思っております。 


              


                


                 

スポンサーサイト
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:未分類
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:6
  6. |
コメント
Fil d’orさんへ
暖かいコメントありがとうございます。
随分とご無沙汰をしておりました・・・

Fil d’orさんも悲しい思いをされていたんですね。
なかなか親の死 まして母親の死はほんと辛いですね。

ですが、いつまでも辛い 悲しいってばかりはいってられませんよね。
ささえてくれている家族のためにも1日も早く元気にならなきゃって思います。

またお会いできるの楽しみにしてます。
  1. 2009/05/28(Thu) 16:37:52 |
  2. URL |
  3. ぴょろーかあさん #79D/WHSg
  4. [ 編集]
鍵コメさまへ
いつもいつも暖かい言葉ありがとう。
ほんと読んだとき 号泣でした。
つらくなったとき、ブログ 見させてもらって、頑張ってきました。楽しい毎日を過ごせているんだなあって思ったら、少しだけど元気ずけられました。

必ずやってくる親の死
それから逃れることは出来ないのだろうけど、私はずっと母の側にいられてほんとよかったって思ってます。

また遊びにいきます。これからもどうぞよろしくね。
  1. 2009/05/28(Thu) 15:37:23 |
  2. URL |
  3. ぴょろーかあさん #79D/WHSg
  4. [ 編集]
こるくさんへ
あたたかいコメントありがとうございました
読むたびにもう号泣です
私は思い切りお母さん子だったので、いつも母の後ろにくっついていた子供だったので、大人になってからでも、母に頼りきりだったんです
だから、もうこの人がいなくなったんだって、思うとつらくてつらくて・・・

でも、毎日泣いてすごす訳にもいきませんよね。
少しずつですが、前向きになろうと今がんばってます。
こるくさんの励まし ほんとうれしかったよ。
また少しずつブログも更新するので、また仲良くしてね。
  1. 2009/05/28(Thu) 15:32:38 |
  2. URL |
  3. ぴょろーかあさん #79D/WHSg
  4. [ 編集]
ご冥福をお祈りいたします
しばらくぴよろーかあさんの更新が無いなぁと気になっておりましたが、悲しい日々をお過ごしだったのですね・・・。
本当に残念で、悲しいことです。
私も数年前同じような経過で母を見送りました。
未だに母が居ないことに慣れませんが、生前よりも母が近くに居てくれているような気がしてなりません。不思議なことですが。

お母様は、ぴよろーかあさんの手厚い看護を幸せに思っていらっしゃると思います。
そして、ぴよろーさんの様な娘をお持ちで、
さぞ誇りにお思いだったことでしょう。

これから、嬉しいことを直接話してあげられない悲しさは続きますが、家族皆で見送ってあげられたことは幸せだったのかなと思うと、少し慰められる気がします。

お母様のご冥福をお祈りすると共に、ぴよろーかあさんとご家族皆様のご健康をお祈りしております。
  1. 2009/05/27(Wed) 11:01:01 |
  2. URL |
  3. Fil d'or #79D/WHSg
  4. [ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/05/26(Tue) 10:24:41 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]
お久しぶりです
こるくも なかなかPCに向かえずにいたんですが、先日遊びに来た時には
とうさんの介護関係の記事に共感したり、
すげーと感心したり
ぷくちゃんのかわいい笑顔に癒されていました。(読み逃げ)


かあさん。
去年からすっごくすっごくいろんなことが
あったのですね。
こるくは、気も利かないし、文才もないし、頭も悪いから
こんな時 正直なんて書いていいかわからない。ごめんね。

でもずっと かあさんの文章を読んでて
涙が止まらなくって
かあさんの傍にすぐにでも とんでいきたくなった。だって、こるくが落ち込んでる時
どれだけかあさんに元気をもらったか・・・。

うまくいえないけど
かあさんのお母様、本当に頑張り屋さんだったのですね。ほんとうに。すごい。

もっともっと笑顔を見たかった、見せたかったことと思います。

でも、寂しくて悲しいのは当然のことで。
かあさん。

だから

頑張ってなんていわないから。
元気出してなんていわないから。

ゆっくりゆっくり笑顔になれたらいいんだと
思います。
周りに、家族にたくさん甘えて。ね。

  1. 2009/05/24(Sun) 21:08:05 |
  2. URL |
  3. こるく #79D/WHSg
  4. [ 編集]









:

トラックバックURL
http://2000pukudondon.blog.fc2.com/tb.php/582-7cb930f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。