上二人の息子は独立し今は娘と嫁の3人家族のぴよろ~な感じの生活を中心にソーシャルビジネスを立ち上げていく日々の活動日記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:スポンサー広告
  4. |

昨日、第1回外部評価委員会に出席してきました


評価委員は10名で構成され、ぼくを含み4名が公募の方でした。


6人は大学教授、商品そのものや企業の価値観を高めることを手がける会社の代表取締役、経営コンサルタント、元県職員、元市職員、婦人協議会会長のそうそうたるメンバーでした


しかもみなさんスーツでぴしっときめて(あえてジーパンで普段着で行ってみました)ぼくよりかなりの年上方が多かったように思います


まぁ、それでもぼくなりに言いたいことや聞いてみたいことはきっちりしないとなっと気持を引き締めて参加しました。


今回の議題は5つで障害者支援事業が2つと建物、土地、啓発活動でした。


結論から言うと、やっぱり公務員は他人事で自分ごととして捕らえることが難しいのと、縦割り行政が根深く横との連携がほとんど取れないと感じました。


これはぼくも公務員なのでよくわかるのですが、全員がやる気が無いのではなくて妨害する人が3割やる気のある人が1割どうでもいい人が残りの6割なんです


だからやる気のある人が重要なポストにつくとどうでもいい人はそれなりになびいて動き出します


だから、人選がとっても重要です


たいていの場合、今回の審議会の会場に来た担当職員も妨害するとまでは感じませんでしたが、どうでもいい人たちばかりでした


それと、上座に座ってた部長はしっかりと話したわけじゃないですがあきらかに邪魔をする人だと感じました(人はあった瞬間に感じることが半分当たって、少し話して感じることが80%は当たっています)。


そんな感じで審議は進んでいったんですが結局は、なにもこの場では解決せずになんか「どうよ」って感じ終わってしまいました。


今回の評価を受けてどうなったのか見据えていかないと何のためにやっているのか分かりません


外部評価は事業を行うべきかどうかを審議する機関で、その後どうなったのか又成果に対しての評価は出来ません


これって、どうなんでしょうね・・・・・


市民にええかっこするだけの目くらましの材料に使われたんでしょうか


次回の委員会のときにその辺を、担当者又は市長に直接聞いてみたいと考えています。

スポンサーサイト
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:未分類
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
  6. |
コメント









:

トラックバックURL
http://2000pukudondon.blog.fc2.com/tb.php/611-f4cbca1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。