上二人の息子は独立し今は娘と嫁の3人家族のぴよろ~な感じの生活を中心にソーシャルビジネスを立ち上げていく日々の活動日記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:スポンサー広告
  4. |
地域福祉のテーマで1グループはがんばっており、実際にはお寺で企画を行い、そこに人を集

めて集いの場を作る計画が着々と進んでおります

ぼくも何か参加しなければ置いてきぼりになってしまいそうであせってます

もちろん企画当日は企画に参加者として参加するつもりですが、準備段階でなにか出来ること

を見つけないといけません

まぁとりあえず11月3日に集まって打ち合わせをしたときに役割分担が決まるから、まぁあせ

らんでもいいか・・・・

・・・でもって個人的に今活動してるのが地域の問題の洗い出しに伴って、特に気になってるの

が「学童保育」なんやけど・・・

ぼくも始めてこないだ本気で視察に行って職員の方々と運営をされている保護者の方々とお

話をさせていただきました。

そこで観た現実は子供たちはとっても元気で、ぼくに絡まりついてきて死ぬぐらい疲れました



まぁ子供たちの保育に関しては子供たちを見てる限り、問題は無いだろうと感じました

しかし、問題は山積みでたちまち指導員の職員が確保できない

なかなかやってくれる人がいないのと、適当な思いで来られる人が少なくないということだそう

です・・・・

なぜやってくれないかというと極端に給料が安い

行政からの補助金もいつまであるか分からないし、保護者から保育料をそんなに高くする分け

にもいかず困ってます

こんな状態にも係わらず、子供は減ってきても学童保育の必要性は年々高まっています

今年の1年生は3クラスで1クラス約30人です。その中で学童保育を利用している生徒は、

なんと30人1クラス分です。3人に1人が利用していることになります

今は夫婦共働きで夫婦ともにフルタイムで仕事をしてなんとかやっていけるかなぁ・・・

これが現実です

すべてが悪循環ですいきなり家庭が豊かになるのは難しいからとにかく指導員の確保

を考えないといけません

この施設は90人も抱えてますんで2つに分けて管理してます。

補助金の絡みもあってそうしてます。現在指導員は9人。来年は4人抜けます。

行政は40人ぐらいが1番適当な人数だと決めてその人数に対し指導員が3人の計算に

なってます。それ以上の指導員を入れる場合は保護者がそれなりの負担をするということに

なってます。

児童の中には皆と同じことが出来ず個別対応が必要な児童もいます。

もちろんそのような児童に対して補助金が加算されるのですが、あくまできちんと診断されな

いとだめです

まぁ当然でしょう・・・しかし親はなかなか認められず「うちの子はそんなんじゃない

ってどんなんやねん親も学校の先生もまだまだ知識不足の経験不足でどうにもならない状

態です

きちんとした情報による教育が家庭と地域、そして教育者に必要です。このどれが欠けても

だめです

そうは言ってもたちまち指導員確保のシステムを作らんとあかんなぁ・・・

とりあえずこの近辺のリタイヤされてる方で、もと看護師や福祉関係の人や教育関係の人な

どを掘り起こして頼んでみるか

でも最終的にはきちんと給料がもらえて仕事として成り立つようなシステムを作らんとあかん

ね・・・

今考えてるんは、大学の児童教育の実習の受け入れ先として大学と提携でけへんかなぁ・・・

って考えてるんやけど・・・・

それにはまずこの学童保育でしか出来ないことは何か考えてブランド力をつけんとね

そして、大学のニーズを確認しに行かなあかんね

さぁ早速まずは学童からや

ほんで、大学とどないやって繋がろかなぁ

ここが腕の見せどころやね



スポンサーサイト
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:未分類
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
  6. |
コメント









:

トラックバックURL
http://2000pukudondon.blog.fc2.com/tb.php/691-f4250ead
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。